可哀相なことしました

野良猫の捕獲の場合

どうしても、夜の捕獲になります。

捕獲器を悪用されるといけませんので、
捕獲現場を見せない為

と、

私たちボランティアが、働いているというのもあります。


夜捕獲したら、キャリーに入れ
車に一晩入れておいて、朝一番に病院へ連れて行きます。

それも、
出勤前の慌ただしい時間での事になります。




ボランティア仲間で、

夜の捕獲組

朝の病院搬送組

いろいろ分担して助け合って頑張っております。




昨日も
ある現場の最後の猫さんを捕獲しました。

20141021_104351.jpg


キャリーに入れて
車に一晩入れておいて、
朝、車に乗りますと、


スゴイ臭いです。


可哀想なのですが、
一晩キャリーで過ごすのですから、
排泄物や、いろんな物がでます。

申し訳ないのですが、辛抱してもらっております。




でも、
今回の白猫ちゃんの、排泄物は、少々多くて柔らかだったようです。




白い長毛の綺麗な子です。

病院で猫ちゃんを出した時に目にしたのは、
白猫ちゃんが、茶白猫ちゃんになっていました。。。

ちょっとびっくりしたのですが、
そのまま先生にお願いして来ました。



そして、夕方迎えに行きましたら、、、

手術が終わり、キャリーの中でおとなしく待っていましたが、

本当に、〇〇〇まみれになって可哀相なことになっていました。




避妊手術をしましたので、
シャンプーも、しばらく出来ません。。。

それと、
この子は、綺麗な子で、若い(6ヶ月)ですので、
人馴れトレーニングに入ります。

でも、
このままでは、
汚れた状態のままだし
臭いが凄いのでどうしたらいいのか、途方に暮れます。。。


トレーニングは、
餌やりのお兄ちゃんのお家でお願いしておりますが、
この臭いで、大丈夫でしょうか?


我が家は、今は定員オーバーですので、
ちょっと空いてる部屋がないし、


この臭いでは、どうしたらいいものか???



本当に、全身にべっとりついています、〇〇〇が。




本当に可哀相なことをしてしまいました。




後で思ったのですが、
手術を一日延ばして、シャンプーをしてやった方が良かったかなぁ。。。


でもね、
本当に限られた時間内で、いろんな事をこなしていかないと
いけない活動なんです。

捕獲のチャンス、タイミングもあるし、

病院の予約とかの問題もあるし、

仕事との時間の遣り繰りもあるし、



どうしても、
余裕がないことになりますね。。。



本当に
こんな時は、

猫ちゃんに申し訳なくって、辛いです。





一つ助かったのは、

餌やりのお兄ちゃんが、
すっごく優しい人で、

臭い猫ちゃんを預けても、
本当に優しい声で話掛け、

汚れた身体を擦っていました。



3日程前に預けた猫さんは、
たまちゃんと名前を貰って、

もう、お腹を見せるそうです。



お兄ちゃんは、
猫は外で自由に生きる方が幸せだと思っているようですが、

家猫になって、
このように、身体を擦ってもらったり、
顎をなでてもらって、
ゴロゴロスリスリに甘える暮らしの方が
ずうっと猫は幸せだと言うこと分かってくれるといいなぁ




そして、
そんな猫さんと接した
お兄ちゃんも幸せになると分かってもらえるといいなぁ



猫ちゃんは、
明日、行って
お湯で拭いてやります。

ごめんね
可哀相なことになって



おっと、マウス持って半分寝ていました。
~(=^‥^)ノ☆ おやすみニャ。


少しでも多くの方に活動を知って頂けるように願って
↓↓↓ ポチッとよろしく

人気ブログランキングへ


いつも応援ありがとうございますm(__)m
とっても嬉しいです
励みになります




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かざして募金
200x40_charge_logo[1] 200x40_credit[1]
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR