母さん猫の幸せ


私は毎日エサをくれる人に、
子供を産んだ直後に保健所に連れていかれました。

エサをくれる人を信頼していたから、簡単に捕まりました。

何故連れていかれたかのか、私には解りません。

積み重なるケージの下で、他の猫さんの糞尿にまみれ泣きました。
残された子供たちを想い泣きました。

エサをくれた人の家族に、一人だけ、
私の子供たちを助けたいと思ってくれた人がいました。

BONにゃんに相談してくれ、
子供たちのフード代など払ってでも、
助けたいと頼んでくれました。

まだ乳飲み子の子供たちと、私を一緒にしなくてはと、
BONにゃんが奔走してくれました。

保健所には1週間いました。

ガスで殺処分される直前に、奪還され、
子供たちと再会できました。

私たちを助けてくれて、ありがとう。


20150702_113347.jpg


母さん猫は、性格のよい、賢い猫でした。
4匹の子猫の世話を甲斐甲斐しくし、誰にもフレンドリーでした。

美しいグリーンの瞳は、見る人全てを虜にしました。

うちの子にしようと思いました。
子猫と共に、BONにゃんHOUSEのオープンに一役かってもらいました。

そんな母さん猫を、家族の一員に迎えたいと、
仰って下さる方が現れました。

母さん猫の、辿った過酷な過去を知り、
涙を流してくれました。

体調万全でなく、薬を飲まないといけない子猫も、
一緒に迎えたいと仰って下さいました。

私の所には、二桁の猫がいます。

新しい保護猫はひっきりなしに来ます。

我が家の子たちにはフードをあげるので精一杯で、
ゆっくり撫でてあげる事は出来ません。

母さん猫にとっての本当の幸せは、
この方に、家族の一員として迎えて頂く事ではないか?

私の猫のつもりでしたから、覚悟がいり、断腸の思いで、
母さん猫を T 様に、託す事にしました。

名前は、アンちゃん。子猫は、ケンタくん。

T 様は毎日様子を知らせて下さいます。
アンちゃんの脱走防止も配慮下さいます。

そして何より、お届けした時に、奥様の ( 引き受けました )
との力強いお言葉。

母さん、辛い思いをしたけど、今度は裏切らないよ。
DSC_0018.jpg

T 様 アンちゃん、ケンタくんを、
どうぞ、よろしくお願いいたします(^.^)(-.-)(__)



7月12日(日曜日)
第36回BONにゃん 譲渡会
11:00~15:00
88ステージ
場所: 丸亀市飯野町東二339-1




少しでも多くの方に活動を知って頂けるように願って

↓↓↓ ポチッとよろしく


いつも応援ありがとう~~

本当に励みになります。
感謝m(__)m







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かざして募金
200x40_charge_logo[1] 200x40_credit[1]
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR