パルボ  その壱

毛長は、取り壊しになったアパートのジイサンが、
置き去りにせず、連れていった三毛猫が産んだ子猫です。

シロオくんの弟になったチョビとは、兄弟です。

ジイサンは毛長を「キレイなメスがおるんや。この子だけでも、里子に出してくれんか?」
と言うので見に行ったら、オスでした。

酷い風邪を引いていて、特にチョビは体重が平均の半分くらい。
その上、外飼い。
車の通る道に寝てましたから、危なくて二匹を連れ帰ったのが7月20日

風邪が酷いから、BONにゃんハウスの猫に移したらいけないので、隔離の必要があり、
治療も兼ねて8日間入院させてもらいました。

風邪が良くなって、念には念を入れて、ペット禁止の自宅マンションに8月10日の譲渡会の朝までいました。

チョビと遊びたがりますが、体格差があり、チョビの風邪の回復に支障があるため、ケージは分けてました。
金網越しに、オモチャのやり取りをしたりしてました。
チョビは里子に出たため、10日の夜から、BNOにゃんハウスに入れました。
その時点で保護して20日経ってます。

とても元気で、ハウスのみんなに、嫌われるくらい取っ組み合いをしてました。

お盆に入り15日の夜、オヤツの時に、みんな我先にと来るのに、来ない。
おかしいな?風邪かな?と思い、風邪薬を飲ましたら、すぐに吐きました。
慌てて病院に行きました。

熱を計ると平熱。 先生はカルカン子猫用パウチを食べさせてみた。
食べる??? 野良猫出身であり、カルカン好きな子がいるそうだ。
空腹で薬飲ませたら、吐く事もあるという。その日は何もしないで帰りました。

17日、カルカンも食べない。

日曜日で初めの病院は休みなので別の病院へ。

やはり平熱。 一旦は帰りましたが、やはり元気がない。

夜になってもう一度病院へ。

血液検査とか何でもして、原因を突き止め治療してくださいと、無理やり入院させてもらいました。

翌日、様子を見に行くも、食欲不振以外は、下痢も嘔吐もなし。
肝臓の数値が悪いのと、白血球が少なかった。
それが18日

19日は、小虎の子を引き取る日でもあり、健康診断に預け先のSさんと病院へ。

そこで毛長は、パルボであり、その日のうちにも死ぬであろうと告げられるのです。

小虎の子達は、毛長のいた自宅マンションにも、BONにゃんハウスにも預かれなくなり、
事態を察したSさんは、そのまま子猫を隔離させるため、即効で連れ帰ってくれました。

それからの私は、BONにゃんハウスに帰り、
システムトイレを、バスダブが真っ赤になる程のビルコンに浸けました。

箱、オモチャ、キャットタワー、スリッパからカーテン、タオル、部屋が空っぽになりました。
火事場の馬鹿力のごとく、重くても、捨てられる物は全て捨てたのです。

朝になるまでビルコンで部屋を消毒したのです。

今まで毎日毎日、パルボが怖くて、ビルコンで床を拭き、靴は玄関で消毒してました。

TNRで一度でも使ったキャリー、トラップは、その都度ビルコンで消毒してました。

2週間ルールも配慮し、すぐには保護猫を入れてませんでした。

しかし、パルボはいつの間にか侵入していたのです。

20日、病院に行ったら、毛長は一度きりの下痢と、嘔吐で
死んではいませんでした。

隔離部屋には、動物霊園の白い箱がありました。
先生は毛長は死ぬと思っていたのでしょう。

毛長の事も眠れない程の心労でしたが、
ハウスの子猫5匹、
里子に行ったチョビ、
触れない保護猫の、ワクチン未接種のイカオン、
大人は大丈夫とは言うものの、
合計21匹は、一時でも毛長と接触しています。

この子達が感染してたら、どうしよう。

小さな命を救う為に、毎日毎日続けて来た気の遠くなるような、努力は何だったのだろう。

根性座っていると思ってましたが、いっそ猫たちと一緒に死にたいと思った。 続く



2014080314420001.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かざして募金
200x40_charge_logo[1] 200x40_credit[1]
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR