手術無事終えました。

脚ブラの猫さん
手術無事終わりました。

今朝は餌をたくさん食べたそうです。\(^o^)/
でも
体重は、成猫のオスで

1.9キロ

はぁ~~(ノ_・。)




今朝、手術の説明を受けました。

先生が

これが、手術前で、術後、取り除いた、、、
と画像を見せてくれようとした時

えっ!
私大丈夫やろか

貧血おこさん?

お恥ずかしい、そんな事が一瞬脳裏をよぎりました。。。


取り除いた物は
グチャグチャの何かです。

壊死した細胞やら何か?らしいです。

内臓に影響はないようですが
排泄はまだですので

排泄箇所への影響は未知数です。

後遺症が残るかもしれませんね。。。



後で思ったのですが
あの
手術の画像が貰えるなら

餌やりの人に見せたいですっ!

あそこまで悪くなっていた現状

あれだけの物を身体に巣食っていた現状

あれを放置していたら
どうなっていたかっ!

それだけは
見て貰いたいと思っています。



しかし
今回の保護は、急展開で
ちょっと無謀でした。

でも

どうしても見過ごす事が出来ませんでした。




考えたのですよっ!

保護したらどうなるか?

色んな事が頭の中をよぎりました。


まず
手術となると

一番に、金銭的な事

そして、介護の環境

後遺症が残った場合の覚悟


一時の憐憫で決めるような事ではないのは
重々分かっていました。



で、
でも
見捨てる事は出来ませんでした。(ノ_・。)



費用は大変かもしれないが
昼食を食パンにするとか、、、
好物の餡ものは断つとか、、、

冗談みたいでしょうけど

本気ですっ!



保護した事に後悔はありません。

野良猫を受け入れて下さった
先生に感謝しております。
(野良猫の治療は門前払いの病院もあるらしいです。)

これは
長町が日々苦労して
道を付けてくれていたから可能だったのだと
思っております。m(__)m



まだまだ
治療はこれからですが
手術が無事終わった事に感謝申し上げます。


それにしても
何故っ???

と、思う事は

この脚ブラの猫さんのキズ?は
今日や昨日の事ではないようです。

たぶん、相当長い間
脚を引き摺り
這うようにして生活していたと思われます。


それが、あの日は

自転車でいつもの道を進まず
本当に導かれるように、、、
何故か右折してしまった。。。

そして
脚がブラブラ猫さんと出会って

いろんな事を考え
いろんな事を犠牲にする覚悟をし

回りの人を巻き込んで
迷惑も掛けながら、、、

決心して動いてる私がいる


片や
毎日餌をやっている人は、、、

脚ブラ猫さんを
毎日毎日見ていたと思います。

どうして?
どうして?

あの猫さんは
少し馴れていたと思います。(たぶん)

餌をやっている人になら
もっと、もっと
馴れていたと思います。

あそこまで

放置出来ますか?

仮にも
餌をやっているのですよっ!

「猫が可哀想だから」思っているのでしょう?

どうしても
そこのところをお聞きしたいですっ!

絶対
お聞きしたいですっ!


餌やり現場で
猫が増えている現場で

絶対猫は疎まれています。

今回のように
醜態を晒して生活している猫さんもいます。

そんな事は絶対避けたいです。

猫に餌をやる行為を反対ではなく

責任ある行為をしてほしいと思います。

やはり
啓蒙活動は大切ですね。






少しでも多くの方に活動を知って頂けるように願って
↓↓↓ ポチッとよろしく



いつも応援ありがとう~~

本当に励みになります。
感謝m(__)m





イベントのお知らせ

今週末
4月12日(日曜日)
第33回BONにゃん 譲渡会
11:00~15:00
88ステージ
場所: 丸亀市飯野町東二339-1















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

呼ばれたのですね。。

ここ数日、どうなることかと毎日ハラハラしながらブログUPされるのを待っていました。

猫さん、やっぱり自分を助けてくれる人をテレパシーか何かで嗅ぎ分けて、呼ぶのですね…
いつもと違う道を何気なく通ってしまって出会うなんて、そうとしか思えません!

でも、なかなか誰にでも出来ることではありません。
その勇気と優しさと行動力、尊敬です☆

私ももし猫さんに呼ばれたら…その時は、絶対助けてあげたいと思います!!
この猫さんが、早く元気になれますように☆彡

恋ちゃんのおばちゃんへ

いやいや

こんな話は、よくある事です。(笑)
ボランティア仲間には(笑)

こんな話ばっかり(笑)

でも
導かれたんやなぁ、、、と
思わんかったら、、、

決心出来ないっ!(笑)

勇気は
街の中で白昼堂々と捕獲する
勇気ですねっ!
(笑)
かざして募金
200x40_charge_logo[1] 200x40_credit[1]
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR