永~い、長~いご縁

去年の9月
東京在住のSさんからご相談がありました。

高松の実家の庭に、子供を連れた猫が住むようになった。
老母が可哀想と言い餌をやっているが
避妊・去勢の手術をしてやりたいがどうしたらよいか?

ご相談いただいてすぐに見に行きました。

広いガレージがあり
その中に、4匹の子猫がいました。
3ヶ月にはなっていそうでした。

残念ながら、母猫は姿を見なくなったそうです。

子猫の手術はまだ無理ですので、
2、3ヶ月後に
再度Sさんが帰省して
捕獲、手術する予定になりました。

そして
2ヶ月後の11月下旬

3日間のSさんの滞在中に捕獲試みました。
最後の一匹に苦労しましたが

焼秋刀魚を用意したり
一番お腹がすいてる
早朝に捕獲したり

本当にギリギリ、滞在時間内に捕獲を成功させました。


その内の一匹を
Sさんが東京に連れ帰る決心をし

野良猫状態での移動も大変だし
術後すぐの移動もいけませんので

お母さんが、頑張ってケージ内で馴らし飼いして下さいました。

そして
12月の中旬に、またSさん帰省

白黒君を連れて
先住猫さんのいる、東京へ帰りました。


ご実家に住み着いた猫さんの為に
こんなに度々帰省しての対処をされるぐらいですから

Sさんは、とっても心優しい方です。

先住猫さんと、白黒君の様子を
それはそれは、心配されて

たぶん、最初の3日ぐらいは眠れなかったのでは?

お仕事を持っていらっしゃるので
留守の昼間は
本当に心配されていました。

でも
様子をお聞きすると

保護猫慣れしている私たちには

う、、、ん

大丈夫ちゃう?

って、感じ(笑)だったのですが

今日
このようなメールを頂きました。




ご無沙汰してます。寒さがやや和らいで来ましたね✨。

白黒ちゃんがウチに来て2ヶ月。

先日こんな写真が撮れました😍。

もう2匹は心配ないです😄。

P1000140.jpg



私たちの活動も
色々なご相談を受けるようになりました。

白黒君とは
半年もご縁があって

高松ーー東京間の
距離も長いご縁でした。




少しでも多くの方に活動を知って頂けるように願って
↓↓↓ ポチッとよろしく

人気ブログランキングへ

いつも応援ありがとう~~

本当に励みになります。
感謝m(__)m







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かざして募金
200x40_charge_logo[1] 200x40_credit[1]
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR