歩行困難

昼食中携帯鳴る。

知人から
「〇〇公園だけど、側溝に子猫がいる!
足を引き摺っている。
弱っていて、ぐったりしている。」

散歩中で、車から離れた場所らしいが、どうにか保護して帰ると言う。

30分後に保護主の家に行くと、車のシートにぐったりしていて、元気がない。

用意したキャリーに移す時、ミャオと、弱弱しく鳴いた。

どこを怪我しているかわかないが、目がおかしいと感じた。

それは、後で、弱っていて生気がなかったのだと分かった。

長町と二人で、観察したが、外傷はない。

しかし、長町がすぐに異変に気が付き、
「おかしいっ!左の首が腫れてるっ!脳障害かもしれない!」と言う。

確かに、弱弱しく歩くことも出来ない、逃げようともしない。

病院の午後の診察までの2時間半は心配で心配で、途方にくれる。

絶対、喉が渇いてるはずっ!とか、単純な事しか思い浮かばないが、

どうにかしないと、、、、

離乳食のペーストをミルク割りにしてスプーンで口に入れる。

半強制的に口に入れ、様子を見ると、

少し反応して、ぺろぺろ舐めた。

あぁ~~生きたいんやっ~

受け付けるなら食べさせようと頑張ってみた。

なんだか少し元気が出たような気がする。

歩かすと、ヨタヨタと少し歩いた。

少し安心して、安静に寝かせて診察まで頑張る。

長町と病院へ行き、診察を受ける。

危惧した脳腫瘍は、細胞を調べると、強い炎症の数値が出た。
脳腫瘍ではないね。
あぁ~良かっった!

ノミダニ、検便、抗生物質の注射と、薬を処方してもらい、家に連れ帰る。

長町と二人で、
「絶対元気にしようなっ!」と、あらゆる栄養補給食を用意して療養させることになった。


CIMG0962.jpg



CIMG0964.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title


保護者です。本日、ブログを拝見致しました。
元気にして頂いて、本当に感謝しております。
本当にありがとうございます。

茶々君

茶々君元気になって、
素敵な里親さんに貰われたのよ♪
http://blogs.yahoo.co.jp/bonnyan0222/11436716.html

人馴れしていたから、捨て猫さんでしょうね。
ムラニシさんのお蔭で、
茶々君の命が繋がりました。
ありがとう~~
かざして募金
200x40_charge_logo[1] 200x40_credit[1]
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR