地域猫の難しさ

ここ2か月ほど、
捕獲依頼が多く

非常に忙しく過ごしております。


依頼は、こう始まる

 「猫が数匹います。せめて、メス猫は避妊してやりたいっ!

                  お腹の大きな猫もいるようです。」


そして、依頼主とお話すると、

とっても、善良な普通の人

猫が可哀想で、お外の過酷な現場に置き去りにされている境遇を見過ごせないっ!


「避妊手術のお金は出しますので、捕獲を手伝って下さい。」


大抵の方が、お金が有り余っていらっしゃる方ではありません。


見捨てられないというだけで、工面してお金を捻出されるのだと思います。




現場へ行くと、

 もういつ生まれてもおかしくない、大きなお腹のメス猫

 いつ妊娠してもおかしくない、メス猫

 長毛で、大きく毛玉で出来、薄汚れている猫

 オス同士の喧嘩からか、怪我をしている猫

            等々



本当に、胸が痛くなるような光景です。



そして、そこで、絶対言われるのが、

ご近所の住民からの苦情

「あんた、餌やりにきたんなっ! あんた達がそんな事するから、猫が増えるんやっ!」

と、責められる。




確かに、

猫が増えている現場になっています。



誰が、餌を???

色々探ると、

現場の住民の中に、そっと餌をあげている人もいます。


でも、

それだけではないのです。餌やりさんは。


話を聞いていくと、

数人います、餌やりさん。



その人達に提案します。

「捕獲して避妊しようと思う、手術代をカンパしてもらえませんか?」



まず、

「イエス」は、、、ないです。

何か言い訳をして逃げます。



これって、どうしてなんでしょうか?



もっと、不思議なのは、

わざわざ遠くから、餌をやりに来る人です。

中には、保護活動をされている人がいます。

仮にも、保護活動の精神があるなら、

餌やりだけして、避妊をしないっていうのは、ルール違反だと思うのですが。


そのような無責任な餌やりは、御法度だと、百も承知だと思うのですが。。。


どうしたのでしょうか?


本当に、ちょっと信じ難いことですっ!!!


猫たちが、

迷惑になって、虐げられる境遇にするのは、

絶対、避けてやりたいですよね。


その為に、私たちは頑張っているのです。




依頼主さん達は、、

お金も負担、

猫さんも保護されています。


本当に、皆さんすごいですっ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かざして募金
200x40_charge_logo[1] 200x40_credit[1]
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR